このブログは一部アフィリエイト広告を利用しています

【人生に迷った人向け】考えるのやめた!大人にも刺さる平成仮面ライダーの名言7選

優しい世界観
この記事は約5分で読めます。

【PR】

SNSやネットで検索しているとすごい人ばかりに思えてきて、ふと自分は何をしているんだろうと思うことはないですか?やろうとしていたことに手を付けることすらできておらず、落ち込むことが私にはあります。日に日にできていない自分に焦ります。

そこで私は時折思い出すようにしています。そう、私の心に染み付いている彼らの言葉を。この記事は私と同じように人生に迷っている人やなんかうまく進めていない気がする人に勇気が芽生えればいいなと思い、書くことにしました。

弱かったり、運が悪かったり、何も知らないとしても、それは何もやらない事の言い訳にならない

引用:仮面ライダー電王 第20話 「最初に言っておく」 より 野上良太郎のセリフ

知識がなかったり、時間がなかったり、ジャンルを何にしようか迷っているとしても、それはブログを書かない事の言い訳にはならない。そう自分に言い聞かせて今この記事を書いています。やらない言い訳はすぐに思いつくのに、やるきっかけはなかなか見つからない。そんなときに思い出すといいですね。すぐにこのセリフを確認したい人のためにアフィリエイトリンクですが貼っておきますね。

人の気持ちになるなんて、誰にも出来ませんよ…思いやることなら、なんとかできますけどね!

引用:仮面ライダークウガ 第14話 「前兆」 より 五代雄介のセリフ

相手の気持ちになってみて、とか私の気持ちなんかわからないでしょ、とかそんなの当たり前です。ほんとうの意味で人の気持ちになるなんでできっこない、あなたと私は違う存在だから。でもだからこそ思いやることができるのかもしれませんね。わかってくれないとか相手に求めて独りよがりになるよりも自分はどうなんだと考えるほうが気が楽になりますよね。すぐにこのセリフを確認したい人のためにアフィリエイトリンクですが貼っておきますね。

自分の生きる道を決められないヤツに、なんの人助けができるんだ?

引用:仮面ライダー響鬼 四十七之巻「語る背中」より ヒビキのセリフ

ついヒビキさんと言ってしまう。そんな大人の漢(オトコ)のかっこいいところと苦悩や不器用、泥臭いところが一杯詰まったエピソードです。響鬼は仮面ライダーとしてはいまいち人気がないそうですが、人生哲学としては本当に参考になる話が多いです。子供が小学生ぐらいになったら一緒に見たい作品ですね。現在、人間社会で生きるためにはお金が必要です。そのお金は誰かの役に立つことで得られます。つまり人助けの対価ですね。だからこそ自分で生きる道を決めなければいけないのだと感じています。すぐにこのセリフを確認したい人、いますかね?アフィリエイトリンクですが貼っておきますね。

男の仕事の8割は決断だ、そっから先はおまけみてぇなもんだってな

引用:仮面ライダーW 第4話「Mに手を出すな/ジョーカーで勝負」より 左翔太郎のセリフ

このセリフは、第24話・第38話にもあります。主人公の左翔太郎がおやっさんと慕う鳴海荘吉に伝えた言葉です。特に性別は関係ないと個人的には思いますが、人が生きる上で毎日朝起きてから夜寝るまでずっと決断の連続です。だからこそ自分で決断したという実感を持ってのぞむのとそうでないのとでは自信や達成感に大きな差が出てきます。自分が決断したと胸を張って生きたいですね。すぐにこのセリフを確認したい人のためにアフィリエイトリンクですが貼っておきますね。

ヒトは、後悔しないように生きるべきだ、自分の思い通りに。自分の人生を狭くするのは他人じゃない、本当は自分自身なんだよ。

引用:仮面ライダーアギト 第42話 より 木野薫のセリフ

多くの死を身近で体験してきた外科医である木野さんが「死にたい」と軽々しく口にする青年に向けた言葉です。何事も自分原因論で生きていくと少しは自分の思い通りの人生がおくれるかもしれませんね。正直アギトは子供には結構難しいように思います。でも大人になってから見返すとよくできたヒューマンドラマだと感じることができるかもしれません。アギトの特殊な世界観になじまない方もいると思いますが、現実の世界でも過去に縛られている人は多いのではないでしょうか。あの時こうしておけばよかったと思う事がある人は一度見てみるのもありかもしれません。誰かに自分を否定されたと思ったそこのあなた、アフィリエイトリンクですがクリックしてみますか?

何も傷つけず…自分の手も汚さない。優しい生き方だけどなぁ、何の役にも立たないんだなぁ…。

引用:仮面ライダーアマゾンズ Episode2「BEAST INSIDE」より 鷹山仁のセリフ

優しい世界観で生きてはいますが、優しい生き方では生きていけないんだと思います。自分で生きるということは気づかないうちに誰かを傷つけるし、やはり自分の人生において主導権を持っているという自覚は必要だと思います。この作品のほうが子供向けとは言いにくいですが、“生きるということ”“命ということ”はこういうことだとわかりやすく表現されています。個人的にはすごく好きな作品です。伝説のヒモ…かっこいい(笑)すぐにこのセリフを確認したい人のためにアフィリエイトリンクですが貼っておきますね。ただし、夜には見ないほうがいいかもしれません。眠れなくなります。

生きていくために大事なのは、何になるかじゃない。人に何ができるかだ。お前は誰に何をしたいんだ?

引用:仮面ライダージオウ 「NEXTTIME ゲイツ、マジェスティ」 より 照井竜のセリフ

開始24分頃のシーンです。このセリフは子供に伝えたいセリフNo.1かもしれません。そして人生に迷っている、悩んでいる自分に問いかけたい言葉です。この言葉こそ仮面ライダーの存在そのものとも言えます。まあ、ブログ書くにも誰に何を伝えたいのかを考えて書かなければ誰にも響かないでしょうしね。忘れないように心に刻むだけでなく、時折はんすうするようにしたいですね。それでは最後に、すぐにこのセリフを確認したい人のためにアフィリエイトリンクですが貼っておきますね。

いかがでしたでしょうか。少しでもあなたの背中を押すことができていればいいのですが…人は悩むものです。だからこそ進化していけると信じています。昨日の自分から今日の自分に変身できることを願っています。

全部気になったあなたは東映特撮ファンクラブをどうぞ。アフィリエイトリンクにはしていません。

iOS / androidどちらでもアプリがあります。さらにAmazon FireTVでも見れますよ。

コメント